高い尿酸値(UA)を基準値に下げる方法!


尿酸値(UA)は健康診断の血液検査でも注目される項目ですね!
他の項目は知らなくてもこの尿酸値(UA)は知っていると言う人も多いはずです!

 

 

尿酸値とは血液中の尿酸の濃度を示す値です。この濃度の値が基準値を超えてしまった場合は「高尿酸血症」と呼ばれる病名になります。
尿酸の基準値は「4.0〜7.0mg/dl」です。男性も女性も年齢も問わずこの数字が基準値(正常値)になります。

 

尿酸の基準値
基準値 4.0〜7.0mg/dl

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

痛風や尿路結石のリスクがある高尿酸血症とは!?


尿酸値の値が9.0mg/dlを超えるあたりから高尿酸値の代表的な病気でもある「痛風」が発生しやすくなります。
突然足の親指に猛烈な痛みを伴う痛風は経験した人しか分からないと言われる痛みを発します。

 

 

 

また高尿酸値が続く事で起こる「尿路結石」による腹痛や腰痛も耐え難い痛みと言われています。
高尿酸血症と診断されている場合はサプリメントの摂取、又は病院での治療も必要になりますが基本の治療は規則正しい食生活と肥満防止の為の有酸素運動です。

 

 

高尿酸血症による痛風発生のメカニズム


尿管結石も恐ろしい病気ですが、痛風のほうがそれ以上に辛い病気と言われています。

 

 

肝臓で作られた尿酸は腎臓で尿に変わり体外に出されるのですが、この時に尿酸の濃度が高すぎると尿で排出する事が難しくなり体内に蓄積して結晶化されてしまいます。
この結晶化されてしまった老廃物が炎症を起こすのです。

 

 

それが関節に付着している場合に「痛風」が発生する事になります。通常、結晶は関節に溜まりやすくその中でも足の親指に溜まる割合が高いとされています。

 

 

高尿酸血症による尿路結石発生のメカニズム


尿が通る通り道が尿路ですが、この尿路に石が出来る事を「尿管結石」と呼びます。腎臓で作られた尿が尿管から膀胱、膀胱から尿道へと流れますが、この過程にある腎盂、尿管、膀胱、尿道のいづれかに石が出来て尿を塞ぐ事で尿が出ない状態になります。

 

 

 

尿が出ない状態だけならまだしも、猛烈な腹痛、腰痛、血尿などを引き起こしてしまいます。
自然と尿道から体外に排出が出来る可能性もありますが、石が大きい場合は手術での摘出が必要です。

 

 

 

尿酸値が低すぎても危険


高い尿酸値が続く場合は痛風や尿管結石が発生する可能性がありますが、逆に尿酸値が低すぎる場合も病気が隠れている可能性があります。
尿酸値の基準値の最小数値である4.0mg/dlを大きく下回り2.0mg/dl以下になると急性腎不全を引き起こす可能性が高く、また、尿酸値が低すぎる事で、逆に尿管結石を引き起こす可能性もあります。

 

 

 

尿酸値が高くなる人のタイプは3つある!


尿酸値が高くなる人は3つのタイプに分かれます。

 

尿酸排泄低下型

尿酸が生成される時の濃度は正常ですが、腎臓の機能が低下していたりすると尿酸の排出の面で、うまく排出が出来ず、体内に蓄積してしまうタイプです。肥満者に多いと言われています。
肥満がある場合にはプリン体の摂取量も多い事と同時に肥満からくる高インスリン血症がある場合はこのインスリンが尿酸の排出を抑制させる作用がある為に排出が抑制された尿酸は体内により蓄積してしまうと考えられています。

 

 

尿酸産生過剰型

尿酸が生成される量自体が多いタイプです。

 

尿酸の量が多いのでその分尿酸が体内にも蓄積してしまいます。食生活に原因がある事が多く、プリン体食品を多めに摂取していたり、無酸素運動を定期的に行っていたりする場合が多いです。この場合は食生活の改善で尿酸値が基準値に戻る可能性もあります。

 

 

混合型

上記の「尿酸排泄低下型」と「尿酸産生過剰型」が混合したタイプです。

 

尿酸の生成も多く、且つ排出力が弱い状態です。
この場合は、非常に尿酸値が高くなってしまう可能性があります。

 

 

 

尿酸値が高くなってしまう5つの原因


尿酸値が高くなる原因は大きく5つあるとされています。

 

肥満

肉食中心や高脂肪、高タンパクの食事中心の食生活が定着してから肥満患者が多くなりました。高尿酸値の人の半分以上は肥満を持っています。
肥満の度合いに比例して尿酸値も上がる傾向にあります。

 

毎日のアルコール

アルコールが代謝されるときに一気に尿酸値が上昇します。毎日の晩酌は高尿酸血症を引き起こす可能性が高いです。
アルコールの中でもビールは原料の麦芽に非常に多くプリン体を含む事から最もビールが尿酸値に良くない飲み物とされています。

 

長期間続くストレス

ストレスと尿酸値には関係があります。ストレスを溜め込んでいる期間が長いほど、尿酸値を高めてしまうと言う研究結果もあります。
ストレスを溜めない事は現代社会では難しいですが、自分に出来るストレス管理方法などを見つけるのも1つの方法です。

 

定期的な無酸素運動

短距離走やトレーニング、腹筋、筋トレなどの無酸素運動は尿酸値を急激に上昇させます。また、多量の汗や脱水状態でも尿酸値は上昇してしまいます。
尿酸値を改善するには激しい運動である無酸素運動ではなくて、ゆっくり気楽に出来るウォーキングなどの有酸素運動が望ましいです。

 

遺伝的要素

高尿酸血症などは環境的な要因の他にも遺伝も関係していると言われます。痛風に限ると患者の約2割は家族に痛風患者がいると言われる統計があります。
しかし、逆考えると20%しかいないとも読み取れますね!

 

病気が遺伝するよりは、暴飲暴食、アルコール好きなどの性向が遺伝しているのではとの研究結果も報告されています。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

尿酸値を下げる方法!基準値に戻す為の4つの改善方法


尿酸値が高い場合には改善させる4つの方法があります。病院からの医薬品の処方は尿酸値を下げるのではなくて一時的に下げているだけです。
また、薬を止めると戻ってしまうので永久的に薬を摂取する必要から逃げられません。

 

 

ここでは体質的な改善を目的に根本的に尿酸値の下げる方法をお伝えします!

 

 

定期的な有酸素運動

肥満を解消させる為にも、予防の為にも定期的な有酸素運動は必要です。毎日の日課としてウォーキングや水中歩行などを試してみましょう。
肥満がある場合は、肥満を解消させるだけでも肥満からくる高インスリン状態が解消され尿酸排出のブレーキがなくなります。

 

 

インスリンの尿酸排出ブレーキがなくなれば、尿酸の多くは体外に排出出来て体内に蓄積する量を減らす事が出来ます。

 

 

食事療法

高タンパクや高カロリーの摂取を控える事で、肥満解消に繋がり、肥満によるインスリン低下で尿酸を排出しやすくなります。
また、プリン体含有量が多いビールや内臓系の食べ物、干物などを控えて尿をアルカリ化させる海藻類を多めに摂取すると良いです。

 

 

海藻類のように尿をアルカリ性に変える事で尿酸を体外に排出させる力が増えます。尿酸はアルカリ性に溶けるので尿がアルカリ性になっていると尿内に溶けて体外へ排出されます。
腎臓から尿道までの尿の通り道に酸性の石が出来る尿路結石もアルカリ性の尿が持続している事で小さくなっていきます。

 

 

 

高尿酸血症の治療には食事療法が基本です。肥満度が高いほど、尿酸値が高い人が多く、体重が下がれば尿酸値も下がっていくと言われています。

 

 

プリン体をたくさん含む肉類やアルコール(特にビール)ソフトドリンク、果糖の摂取などを控え、1日の総摂取カロリーをコントロールしていくことが重要です。また、体重を落とすことで他の病気、高血圧症や高脂血症の予防や改善にもつながります。ただし無理な減量は痛風発作を誘発しかねないので、ゆっくりと時間をかけて行いましょう。

 

 

ストレスを出来るだけ溜めない生活

尿酸値が高くなる原因の1つでもあるストレスですが、まったく溜めない事は難しい事です。
少しでもストレスが溜まらないような生活をする事が理想です。

 

 

自分に合う仕事、自分に合う友達、家族、家庭環境、職場環境なども長期間のストレスと言う意味で大きく関係してきます。
事実、痛風発作の前後には大きなストレスになる出来事がある場合が多いです。(引っ越し、結婚式、お葬式、転職、人事異動など)

 

 

サプリメントなどの摂取

病院から貰う医薬品の場合は一時的に尿酸値を下げています。その為、その薬がないと再度尿酸値が上がってしまう状態にあります。
そうではなくて、体質的に尿酸値が出ない体質に変えるには尿酸値を改善させる自然成分を凝縮させたサプリメントが適しています。

 

 

 

体質が一度変われば、簡単には元の高尿酸血症体質に戻りません。まずは、食事療法と運動療法、そしてそこにプラスする形でサプリメントなどで体質自体を改善していく努力をしましょう!

 

 

病院の薬で一時的に数字を下げている場合は、それは尿酸値が少なくなったのではなくて一時的に少なくしている事を頭に入れておく必要がありますね!
その場合はその薬と一生お付き合いをしなくてはいけません。

 

尿酸値を改善するサプリメント」は定期購入だと安価で購入が出来るのでオススメです。

基準値一覧と健康食品・サプリメント

血液検査の基準値一覧まとめ(トップ) 異常値を改善する健康食品・サプリメントまとめ

スポンサードサーチ
TOPへ