血糖値(FPG)を正常値(基準値)まで下げる方法!


血糖値は血液中にどのくらいのブドウ糖が含まれているかを示す血液検査の項目です。
血液検査での血糖値の表記は「FPG」と記載されています。

 

 

 

血糖値は食べ物を食べた後と空腹の状態では数値が大きく違います。
血液検査での基本は空腹時の血液を調べる事です。血糖値が高いと言われ改善を求められるのがこの空腹時に110mgを超える血糖値がある事です。

 

 

逆に空腹時の血糖値が70mg以下の場合は低血糖症状が出やすいとされ治療を求められます。

 

血糖値(FPG)の基準値
空腹時の基準値 70〜109mg/dl
食後の基準値 140mg/dl未満

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

血糖値と関連が深いホルモンのインスリンとは?


血糖値が高いと自然に他の成分に変える働きがあります。その働きをするホルモンが「インスリン」です。
インスリンは膵臓から分泌され、血中の糖分をグリコーゲンや脂肪などに変える作用があります。つまり、インスリンは血糖値を下げる作用があるホルモンになります。

 

 

 

糖尿病はインスリン不足が原因


血糖値が高い事で起きる病気の代表例が「糖尿病」です。

 

 

この糖尿病にはT型とU型があり、膵臓になんらかの障害があり、インスリンの生成が少ない場合にはT型と言われる糖尿病で生活習慣に関係なく起こります。
U型糖尿病は、生活習慣の悪化にてインスリンを多用した場合に膵臓自体の力が弱まりインスリンの生成が少なくなるタイプの糖尿病でほとんどの糖尿病患者はこのU型になります。

 

 

 

生活習慣の悪化とは過食や運動不足です。特に食べる量が多いとそれだけ膵臓はインスリン分泌を多くしなければいけない為に生成機能を多用します。
このようなインスリン多用が長く続く事でインスリンを生成する膵臓が疲労してしまうのです。

 

 

 

血糖値が日常高いかはグリコヘモグロビン「HBA1C」で分かる!


血糖値は食後と空腹時でも違う他、運動直後や寝起きなどでも差が生じます。
正しい血糖値を毎回知るのは難しい場合もあります。

 

 

 

このような差を埋めてくれるのが「グリコヘモグロビン」で「HBA1C」と呼ばれます。
HBA1Cは血液の中にある赤血球の中にあるヘモグロビンがブドウ糖と結合して出来ます。

 

 

 

このHBA1Cは日常の血糖値が高ければ高いほど多く形成されます。血糖値の数値は食後やその時の状態で差が生じてしまいますが、HBA1Cはそのような血糖値の平均になるので安定した濃度を知る事が出来ます。この為に血糖値が高い事で起こる糖尿病との診断はこのHBA1Cを血糖値の数値と合わせての判断となります。

 

 

血糖値が高い原因は肥満だけじゃない!


血糖値が高いのはイコール肥満と位置付ける人もいますが、太っていなくても血糖値が高い状態にある人はいます。
血糖値が高くなってしまう原因は大きく分けると4つあります。

 

肥満

肥満になる事で、通常のインスリンの働きが阻害されてしまいます。インスリンの働きが阻害されれば血糖値を下げる働きが弱くなり血糖値の上昇に繋がります。

 

 

運動不足

運動不足になると筋肉の量が減ります。筋肉とブドウ糖には関係性が高く、筋肉の量が減るとブドウ糖が増えてしまうので血糖値が上がってしまいます。
脂肪が燃焼出来るくらいの有酸素運動をする事で脂肪燃焼になり、血糖値が高くなるのを抑える事が出来ます。

 

 

ストレス

ストレスと血糖値には実は関係性が高い事で知られています。ストレスを長期間受け続けると交感神経が緊張状態になります。
このような緊張状態になった交感神経は、身体に危険信号を知らせます。危険信号からインスリンの分泌と関係がある副交感神経の作用を抑えてしまうので
血糖値が上昇してしまうのです。

 

 

高カロリー食の過食・早食い

甘い食べ物はもちろん、カロリーや塩分などが高いコンビニ弁当や外食が多い人は血糖値が上がりやすいです。
特にその中でも過食は血糖値の上昇に大きく関わっています。カロリーが高い食事などを過剰に摂取する事で膵臓からのインスリンの分泌量も異常なくらい過剰になります。

 

 

その結果、インスリンを生成する膵臓の疲弊に繋がり、インスリンの分泌が低下して血糖値が高い状態になるのです。
また、早食いなども異常なスピードと量でインスリンが分泌されるので膵臓機能の低下に繋がり高血糖を招くとされています。

 

 

血糖値が高いとどんな症状・病気になる!?


血糖値が高い事で様々な症状や病気を引き起こします。非常に高い血糖値が続く場合は意識障害まで起こる可能性があります。
通常は以下6つが代表的な高血糖が高い事で起こる症状・病気です。

 

多尿

高血糖が続く事で水が血管の壁などに浸透しやすくなります。その結果、高血糖の尿をそのまま体外へ出そうとする作用があります。
これにより高血糖が続くと多尿を起こします。

 

 

多食

膵臓の疲弊によりインスリン不足に陥っている状態にあると、糖をエネルギーに変換する力も落ちます。
その為身体はエネルギーがまだまだ欲しい状態であり、食欲が過剰に出てしまいます。そこで食べてしまうとさらに高血糖値を招きます。

 

 

喉が渇く

高血糖の症状である「多尿」があると体内から水分が少なくなってしまい、身体は水分を欲します。
その為喉が渇くと言う症状で現れます。

 

 

倦怠感がつづく

高血糖の人に倦怠感が続く症状が出る場合があります。この原因はインスリンの力不足により、糖分がエネルギー変換出来ない事が原因です。
エネルギーに変換が出来ない糖は血管の中に留まった状態にあります。この状態を「糖代謝異常」と呼びます。

 

 

糖代謝異常」の状態が続く事でエネルギーに変換する作用が少なくなってしまうのでエネルギー不足になります。
このような状態でも脂肪やタンパク質の分解は続き、この変化に身体が持ちこたえるのが難しいと感じると「倦怠感」を感じさせてしまうのです。

 

 

3種類の脳卒中

血栓が脳に詰まる「脳梗塞」や脳の血管が破れる「脳内出血」、「くも膜下出血」があります。
いずれも死に直結する事がある大病です。

 

 

糖尿病

一般的に周知されているのが高血糖=糖尿病です。糖尿病と言っても糖尿病自体は大きな悪さはしません。
合併症を起こす事で危険な病気と化すのが糖尿病です。

 

糖尿病性網膜症」、「糖尿病性腎症」、「糖尿病性神経障害」が代表的な合併症です。

 

上記以外でも非常に高い状態の高血糖状態が続く事で呼吸障害や意識障害を起こす事もあります。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

高血糖から糖尿病になると合併症が最も怖い


糖尿病の合併症は様々ですが、最も代表的な合併症は3大合併症と言われています。
以下糖尿病の3大合併症です。

 

糖尿病神経障害

手がしびれたり、麻痺を起こします。倦怠感、めまい、発汗異常なども起こり、人によっては排尿障害になる可能性もあります。
これは末梢神経に障害が起こる為です。

 

 

糖尿病網膜症

目にある網膜に障害が起きます。進行度合いによって、視力低下や飛蚊症の症状が出てくるので異常に気が付く事になります。
症状を戻す事は残念ながら出来ません。

 

 

しかし、高血糖状態を抑える事で進行を防ぐ事は可能です。
血糖値のコントロールをせずに放っておくとやがて失明に至ります。

 

 

糖尿病腎症

高血糖の状態が長期間続く事で腎臓も高い糖分に長年浸される事になります。
腎臓が糖に長年浸される事で腎臓の機能は大きく低下してしまいます。

 

 

初期は倦怠感や貧血、むくみ程度の症状ですが、進行すると腎不全を起こします。
腎不全になれば、障害者の認定を受けて人工透析を実施する流れになります。

 

 

血糖値を下げる改善方法


血糖値を下げる方法は様々な方法がマスメディアなどでも言われていますが、極論として大きく3つの方法があります。

 

 

食後の有酸素運動(毎日)を実施する

糖尿病には定期的な運動と言う事は糖尿病患者じゃなくても知っている事ですね。
運動には血糖値の上昇を緩める効果があるので空腹時ではなくて食後に実施するのが最も効果的な方法です。

 

 

朝運動をする場合は朝食を食べてからの運動が望ましいですね!
適している運動の種類は有酸素運動です。ジョギングやウォーキング、水中歩行などを毎日食後20分程度でも実施すると食後の高血糖状態を緩める事が期待出来ます。

 

 

また、毎日の運動は内臓脂肪を減らす事が出来る為にインスリンを生成する膵臓の機能を向上させる事も期待出来ます。
糖尿病になっても予備軍だとしても、食後の有酸素運動は高血糖の人には必ず実施して欲しい対策ですね!

 

 

 

食事療法を実施する

まず、血糖値が高い状態にある場合は高カロリーや糖分が高い食事、また高塩分の食事も出来るだけ控える事です。
その上で、血糖値を下げる効果が高い食事を中心に摂取する事で、血糖値の低下が期待出来ます。

 

 

玉ねぎのミネラル、トマトのリコピンなどが血糖値を下げる効果があると言われています。
また、山芋などの粘着性がある食べ物も血糖値を下げる効果が期待出来ます。山芋やオクラなどに含まれる粘着性の成分は食物繊維の1つで糖分の吸収を緩める作用があるからです。

 

 

飲み物に関しては野菜ジュースで血糖値を下げる効果が実証できたとの研究報告もあります。
食後の野菜ジュースを日課にすると効率的ですね!

 

 

血糖値を下げるサプリメントを摂取する

血糖値を下げる事は医者から処方される薬で一時的に下げる事は出来ますが、使用しないと元に戻ります。
しかし、天然成分などのサプリメントの摂取を続けると体の体質自体が変化していきインスリンの働きが良くなり高血糖値が出ずらい体質になると言われています。

 

 

使用したサプリメントに効果を感じる事が出来たら長期間続けるのがベストです。
その後はサプリメント無しで食生活の改善のみで血糖値の基準値を持続させる事です!

 

 

血糖値を下げるサプリメント」は通販で購入する事が出来ますが、出来るだけ口コミや評価が高い商品を選ぶようにしましょう!
中には血糖値を下げる働きがない成分が多い商品などもありますので注意が必要ですね!

 

 

 

食事療法やサプリメントは個人差が大きい事を知る事


食事療法やサプリメントの場合は血糖値を下げる効果が判明しているようなものでも、人によっては効果がない場合もあります。
癌(がん)の代替療法は自分に合うサプリメントや食事療法などが分かれば、癌を消す事が出来て、身体から癌を消した事例がたくさんあります。

 

 

 

血糖値も同じで、効果があると言われるものも人によっては効果がなかったり、効果がないと言われているような事も、人によってはインスリンの生成が増えて、血糖値を基準値にまで下げる事が出来る場合もあります。そして医薬品と違って体質自体を変える(自然にインスリンが出やすくなる状態)事も期待出来ます。

 

 

 

高い血糖値を一時的に低くする病院の薬ではなくて、元から持っているインスリンの働きで血糖値が基準値内に留まる事が出来るようなサプリメントや食事療法があればすでに広まっているはずです。それが、ないので様々なサプリメントや食事療法が出てくるのです。

 

 

 

理想は自分に合うサプリメントで体質を改善していきながら、生活習慣の改善を図る事です。
血糖値が薬で抑えるくらい高い状態の場合は医者からの処方箋とサプリメントなどを併用して徐々に処方箋などを減らしてみてサプリメントの効果を見る事も1つの方法ですね!

 

血糖値を下げるサプリメント」は通販で購入する事が出来ます。

 

 

自分に合う食品成分やサプリメントを見つける事が高血糖値の最善な改善方法になると言えます!

 

 

 

基準値一覧と健康食品・サプリメント

血液検査の基準値一覧まとめ(トップ) 異常値を改善する健康食品・サプリメントまとめ

スポンサードサーチ
TOPへ