クレアチニン(Cr)を基準値・正常値に戻して健康を維持しよう!


クレアチニンは筋肉にエネルギーを与える源である「クレアチンリン酸」の代謝物です。
健康診断などでの血液検査の場合は「血清生化学検査」なので「Cr」、「CRE」、「CREA」と略号にて記載されていると思います。

 

 

クレアチニン成分概要
モル質量 113.12 g/mol
化学式 C4H7N3O
IUPAC名 2-Amino-1-methyl-1H-imidazol-4-ol
密度 1.09 g/cm3

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

血液検査のクレアチニン含有量検査で何が分かる!?


血液の中にクレアチニンの含有量の数値を検査する事で腎臓のろ過機能のレベルを知る事が出来ます。
このクレアチニン検査で腎臓の病気や筋肉の病気などを見つける事が出来るのです。

 

 

 

 

クレアチニンの基準値は男性で1.2mg/dl以下、女性の場合で女性1.0mg/dl以下とされています。

 

男性と女性で違うのは筋肉量によってクレアチニンの量が変わるからです。筋肉が多ければクレアチニンの量も多くなり、筋肉の量が少なければクレアチニンの量も少なくなります。
筋肉量は一般的に女性よりも男性のが多いのでクレアチニンの正常値が男性のほうが若干高く設定されているのです。

 

 

クレアチニンの基準値
男性 1.2mg/dl以下
女性 1.0mg/dl以下

 

 

軽度の腎臓病の場合には反応しない可能性もある!


クレアチニンは腎臓にある糸球体でろ過されて、尿中に排出されます。この過程で腎臓や筋肉などの障害があると、尿にクレアチニンが排出される量が減ります。
尿に排出される量が減る事で血液中にはより多くのクレアチニンが溜まってしまいます。

 

 

 

この為に血液中にクレアチニンの含有量が多くなると、逆に尿中のクレアチニン含有量は少なくなるのが基本です。
血液の中にクレアチニンが多くなれば、腎臓や筋肉に何らかの障害がある可能性が予想出来ます。

 

 

 

しかし、クレアチニンは腎臓の糸球体のろ過機能が半分以下のレベルになるまでは血液中には大きな変化は少ない為に軽い腎臓病の場合はクレアチニン検査だけでは発見が難しいのが現状です。
その為に腎臓病をより詳しく調べる為にもクレアチニン数値に性別や年齢を合わせた「eGFR」を基本に使う事が多いです。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

クレアチニンが高い場合どんな病気になる?


クレアチニンが高い状態になるとむくみ症状や血尿、タンパク尿などの症状が出てきます。
また、クレアチニンが異常値レベルの高さになると腎臓の機能がほとんどなくなる「腎不全」に陥る事もあります。

 

 

 

さらに、腎不全も進んでくると「尿毒症」になり、呼吸困難や慢性的な倦怠感が続くようになります。
クレアチニンの数値が高い事が続くと起こる代表的な病気は腎臓の炎症で、その状態が続く事で腎不全、尿毒症になります。

 

 

クレアチニンが高い状態で起こる病気
@ 急性腎炎
A 慢性腎炎
B 急性腎不全
C 慢性腎不全
D 尿毒症

 

 

クレアチニン含有量が低くても病気の可能性がある!


クレアチニンが異常値と言われる場合は基準値よりも高い数値にある事を言います。

 

 

しかし、稀にクレアチニンの数値が基準値以下の数値で適正と思われていても、その数値が極端に低すぎる場合は病気が隠れている場合があります。
クレアチニンの数値が低ければ通常はクレアチニンの代謝量が少ない体質であるとの判断で終わるのですが、極端に低い場合は筋肉がだんだん落ちてくる病気などが考える事が出来ます。

 

 

代表的な病気に「筋ジストロフィー」があります。また「尿崩症(にょうほうしょう)」や「糖尿病の初期症状」としてもクレアチニンが急激に低くなる事があります。

 

 

 

クレアチニンの数値を基準値に保つ為の改善方法


クレアチニンの数値が低すぎる場合は病気が隠れている可能性があるので病院での精密検査を受けるようにしましょう!
ここでの改善方法はクレアチニンの数値が高い場合です。

 

 

 

クレアチニンの数値が高いと腎臓病に発展していきますが、現時点で腎臓疾患までなっていない場合はクレアチニン数値を改善する事が出来ます。
クレアチニンの数値の改善には大きく3つの方法があります。合わせて実施すると効率よくクレアチニンの値を基準値に保つ事が期待出来ますね!

 

食事療法

クレアチニンは筋肉が運動する時のエネルギーとなるアミノ酸の「クレアチニン」が代謝したものです。
タンパク質はアミノ酸で構成されている為に高タンパクの食べ物を摂取し過ぎると腎臓のろ過機能をに負担をかけてしまいます。

 

 

出来るだけ低タンパク質で、低塩分の食べ物を食べる食生活にしましょう!

 

 

定期的な有酸素運動

適度な有酸素運動は腎臓の機能を活性化させます。

 

また肥満などがある場合は腎臓の負担になるので定期的な運動を続けましょう。
激しい運動は逆に腎臓に負担がかかるので、あくまでも適度な有酸素運動を心がける事が大切です。

 

 

サプリメント・健康食品

サプリメントや健康食品、漢方などにはクレアチニンの値を下げる作用のあるものや腎臓の機能を活性化させるものが販売されています。

 

サプリメントなどの場合は運動療法や食事療法と合わせて実施出来る他、サプリメント単独でも他の療法よりも効果が実感出来やすいので効率面を重視してすぐにでも腎臓機能を改善したいと考える場合には試す価値がありますね!

 

腎臓機能を向上させるサプリメント」は定期購入などで購入するとそれほど高くないのでオススメの方法の1つですね!

 

 

 

 

基準値一覧と健康食品・サプリメント

血液検査の基準値一覧まとめ(トップ) 異常値を改善する健康食品・サプリメントまとめ

スポンサードサーチ
TOPへ