赤血球恒数 MCV・MCH・MCHCの基準値・異常値について


MCV、MCH、MCHCは共に血液検査で知る事が出来る「赤血球恒数」です。
これらの数値は赤血球の数(RBC)とヘマトクリットの値(Ht)、血色素(Hb)の数値から計算式を用いて導き出されます。

 

 

 

赤血球数とヘマトクリット値、血色素(ヘモグロビン)の値から貧血と判断出来る場合に貧血の中でもどのような貧血なのかを知る事が出来ます。
MCVは赤血球の平均的な大きさを表し、MCHは赤血球の中に含まれるヘモグロビンの量を表し、さらにMCHCは赤血球中にあるヘモグロビンの濃度を表します。

 

赤血球恒数(MCV・MCH・MCHC)
MCV 赤血球の平均的な大きさ
MCH 赤血球の中のヘモグロビンの量
MCHC 赤血球の中のヘモグロビンの濃度

 

赤血球恒数は基準値や異常値については他の項目とは違い、その3種類の赤血球恒数の高低の組み合わせにより決まります。
1つの項目が異常値でも、特に問題になる事が無い場合も多く、逆に基準値内でも組み合わせによっては特殊な貧血や特殊な病気の可能性が示唆される事があります。

 

赤血球恒数(MCV・MCH・MCHC)の基準値
MCVの基準値 80〜98 f?
MCHの基準値 28〜32 pg
MCHCの基準値 30〜36%

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

MCV・MCH・MCHCは貧血の時に役に立つ数値!?


貧血と言っても実は様々な種類があります。赤血球数や血色素(ヘモグロビン)、ヘマトクリット値の異常値により貧血が疑われる場合は、さらにその貧血でもどんなタイプの貧血かを知る必要があります。貧血の種類によっては治療方法や対策方法が違うからです。

 

 

 

そこで活用するのが赤血球恒数と言われる「MCV・MCH・MCHC」です。
貧血は@小球性低色素性貧血A正球性正色素性貧血B大球性高〜正色素性貧血の3つのタイプがあります。
このタイプが決まればさらに具体的な貧血の種類や、他の病気の可能性も知る事が出来ます。

 

 

 

貧血の中でも患者数が最も多い貧血は鉄分が不足するタイプの「鉄欠乏性貧血」ですが、この貧血は「小球性貧血」のタイプになります。
また葉酸不足やビタミンb12不足による貧血は「巨赤芽球性貧血」と言われる貧血で「大球性貧血」のタイプに属します。

 

 

 

貧血に限らず赤血球恒数である「MCV」、「MCH」、「MCHC」を調べる事で様々な病気の特定にも活用が出来ます。
特に「MCV」と「MCH」の数値の高低と正常値などの値の組み合わせで可能性を知る事が出来る病気は様々です。

 

「MCV」と「MCH」の値の組み合わせ可能性を知る事が出来る病気
MCV&MCHが低値 MCV&MCHが正常値 MCV高値&MCH高値〜正常
小球性低色素性貧血 正球性正色素性貧血 大球性高〜正色素性貧血
サラセミア、鉄芽球性貧血、鉄欠乏性貧血 再生不良性貧血、腎性貧血、症候性貧血、溶血性貧血、急性出血、白血病 巨赤芽球性貧血、肝障害、骨髄異形成症候群

 

 

MCV・MCHが高い場合や低い場合の改善方法


両方低い場合は小球性低色素性貧血の可能性が高く、その中でも鉄分欠如による貧血の可能性があります。
この場合は鉄分を多めに摂取する事で改善が見込めます。鉄分サプリメントなどを摂取すると効果的です。

 

 

 

両方が高い値の場合は「大球性高〜正色素性貧血」の可能性があり、特に多いのがその中のビタミンb12の欠乏や葉酸欠乏による巨赤芽球性貧血です。
この場合にはサプリメントなどでビタミンb12や葉酸などを多めに摂取する事で改善が見込めます。

 

 

鉄分サプリメント」、「ビタミンb12サプリメント」、「葉酸サプリメント」は共に通販にて購入する事が出来ます。
原因がこれらの不足と特定出来れば数値が改善するまで毎日の摂取を心がけてください。

葉酸サプリメントの場合の多くは妊婦や妊活用のサプリとしての販売していますが、そのような広告でも葉酸の摂取自体には問題ありません。

 

 

これらの貧血の判定は病院での検査にて分かりますので、まずは病院で何が原因なのかを把握する必要があります。
病院での治療しか治す方法がない貧血や、悪性が強い病気の可能性もありますので自分で判断せずに必ず検査を実施してくださいね!

基準値一覧と健康食品・サプリメント

血液検査の基準値一覧まとめ(トップ) 異常値を改善する健康食品・サプリメントまとめ

スポンサードサーチ
TOPへ