ALT(GPT)の数値を下げる方法!高いと危険!?


ALT(GPT)とは「アラニンアミノ基転移酵素」の事で、「ピルビン酸」と「グルタミン酸」を「アラニン」と「α-ケトグルタル酸」に相互変換する酵素です。
身体の中の様々な箇所に存在はしますが、その中でも肝臓に最も多くこのALT(GPT)は存在しています。この肝細胞が破壊されると血中に流れ出してALT(GPT)の濃度を高めます。

 

 

 

その為に、この数値が高いと肝臓になんらかの疾患があるのでは?と言う血液検査での指標になります。
基準値は40IU/L単位以下とされています。

 

 

ALT(GPT)の基準値・異常値
基準値 40IU/L単位以下
異常値 40IU/L単位以上

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

ALT(GPT)の数値が高いと考えられる病気は!?


ALT(GPT)は同じ酵素であるAST(GOT)と同じようにアミノ酸やエネルギーの代謝の過程で重要な役割を果たす酵素です。
この数値が高くなる原因もAST(GOT)と同様に細胞が破壊されるとALT酵素が血中に溶け出し、血中のALT濃度を高めます。

 

 

 

しかし、AST(GOT)とは違い、様々な臓器などではなくてほとんどが「肝臓」に存在している為に、ALT(GPT)の数値が高い場合にはまず肝臓の疾患を疑います。
この数値が異常値になっている場合は、肝臓の細胞のどこかで破壊が起きている可能性を示唆しているからです。

 

 

 

また、AST(GOT)は肝臓にも存在する為に、ALT(GPT)が高く、さらにAST(GOT)も高いと言うように血中に両方の酵素の値が高い数値を示した場合はほとんどが肝臓に何らかの疾患があると考えて良いです。

 

ALT(GPT)が高い場合も、ALT(GPT)とAST(GOT)の両方が高い場合も肝臓に疾患がある可能性が高いと言えますね!

 

 

ALT(GPT)が高い場合の病気の例

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、肝硬変、ウイルス肝炎、アルコール性肝障害、肝臓癌(がん)

 

 

ALT(GPT)の数値を基準値まで下げるには!?


ALT(GPT)の数値が高い場合は肝臓系の病気などが隠れている場合が多いです。しかし、病気が無い場合でALT(GPT)の数値が高い場合は今後近い将来そのような病気を患う可能性があると言うサインになります。

 

 

 

病気がすでにある場合は病院で適切な治療を施して下さい。しかし、まだ病気になっていない場合は、数値を下げる方法があります。
ALT(GPT)の数値が高い場合はすでに肝臓が無理をしているとサインを出している状態なのでそこを抑える事が出来れば自然と数値は下がっていきます。

 

 

 

数値を下げるには食生活を変える事が第一歩です。
具体的には肝臓の敵であるアルコールの摂取を抑える事や定期的な運動をする事、また、カロリーが高い食事をしないで野菜中心の生活を送る事、肥満がある場合にはダイエットなどにより肥満を解消する事です。

 

 

肝臓機能を改善させるサプリメントなどを摂取すると改善は早いですね!
サプリメントなどは最終手段でまずは、お金をかけずにアルコールを控えたり、毎日の運動を日課にしたり、野菜中心の食生活にシフトする事が重要ですね!

 

 

ALT(GPT)を下げる5つの方法
@長期的に下げる方法 アルコールを抑える
A長期的に下げる方法 定期的な運動をする(運動不足にならないようにする)
B長期的に下げる方法 高カロリーの食事を控えて野菜中心の食生活にする
C長期的に下げる方法 肥満がある場合は肥満を解消する
D短期的に下げる方法 肝臓機能を改善させるサプリメントの摂取

基準値一覧と健康食品・サプリメント

血液検査の基準値一覧まとめ(トップ) 異常値を改善する健康食品・サプリメントまとめ

スポンサードサーチ
TOPへ