グリコヘモグロビン HbA1C(NGSP)を基準値まで下げる方法!


HbA1c(グリコヘモグロビン)が高いと糖尿病の危険性が高いと言われます。
しかし糖尿病だけでなく、HbA1cは様々な病気の可能性も示唆する血液検査の項目になります。

 

 

 

血糖値はその時、その時で値に大きな差が生じます。
空腹時や食後の違い、またストレス、運動直後などでもその値は大きく変化します。

 

 

 

HbA1Cは赤血球内になる酸素を運搬するヘモグロビンと血中にあるブドウ糖が結合して出来ますが過去の2カ月程度にさかのぼりその血糖値の平均を知る事が出来ます。糖尿病などの判断は血糖値のみでなくこのHbA1Cも考慮して判断しなければいけません。

 

 

HbA1C(NGSP値)の基準値・境界型・糖尿病の判断
HbA1c(NGSP値)が5.4%未満 正常範囲
HbA1c(NGSP値)が5.4-6.4% 境界型糖尿病
HbA1c(NGSP値)が6.5%以上 血糖値の数字と合わせて糖尿病の判断がされる

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

HbA1cが6.5%以上だと糖尿病!?


HbA1cが6.5%になると「糖尿病型」と言われる血液判定が病院でされます。
あくまでも「糖尿病型」であって、「糖尿病」との診断にはなりませんが、その後も血液検査のHbA1cの数値が6.5%以上が続くと血糖値の数字も交えて「糖尿病」との診断になります。

 

 

この場合は、生活習慣の悪化が原因とされる「U型糖尿病」になります。

 

T型とU型の糖尿病の違い

膵臓のβ細胞が壊れる事によりインスリン分泌が出来なくなるのがT型糖尿病で、通常幼少期などから発症する事が多いです。
U型糖尿病とは生活習慣の悪化により今まで正常だったインスリンの分泌が低下してしまいます。糖尿病患者のほとんどがU型糖尿病になります。

 

しかし、HbA1Cの数値が基準値より高い場合は「糖尿病」だけが懸念されるわけではありません。
逆にHbA1Cが低い場合にも考えられえる病気もあるのです。

 

 

HbA1が高い場合の病気と低い場合の病気


HbA1は高い場合でも低い場合でも病気が隠れいる場合があります。

 

HbA1(グリコヘモグロビン)が高い場合に考えられる病気
糖尿病
腎不全
異常ヘモグロビン症
甲状腺機能亢進症

 

 

HbA1(グリコヘモグロビン)が低い場合に考えられる病気
溶血性貧血
鉄欠乏性貧血
肝硬変
インスリノーマ

 

HbA1が高いか低いかのみでの病気の特定は出来ません。
必ず他の数値の異常値や様々な症状を合わせて判断します。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

HbA1cが高くなる原因とは!?


HbA1Cが高くなる原因は以下3つが考えられます。

 

過食・早食い

食べ物の過食や早食いはHbA1Cを高くしてしまいます。
膵臓がインスリンを分泌する速度を早めたり、時間が長かったりすればするほど膵臓のインスリン分泌力は弱まります。

 

過食の他にも早食いもまた、インスリン分泌を異常にしてしまい膵臓のインスリン分泌力の疲弊に繋がります。

 

肥満

肥満があるとインスリンの働きが弱まる事が分かっています。糖尿病患者には痩せている人も多いですが、皮下脂肪のみではなくて内臓脂肪のほうが高い可能性が考えられます。

 

運動不足

運動をすると筋肉を使います。筋肉を使うとインスリンの作用が高まる事が分かっています。

 

日頃の運動の習慣がない人にHbA1Cが高くなる人が多いです。運動は激しい運動よりも軽い運動を長時間続ける有酸素運動が効果的です。
大切な事は習慣にして毎日続ける事です。

 

 

 

HbA1C(NGSP)を下げる改善方法


HbA1Cは運動と食事療法、またサプリメントの摂取で下げる事が出来ます。
ポイントを押さえて適格に実施するば改善が可能です。病院などに通っていて処方箋がある場合は平行して実施してみましょう。

 

 

日々の有酸素運動

HbA1C(NGSP)を下げる方法の1つが、定期的な有酸素運動です。筋肉を動かす事でインスリンの分泌を高める事が出来ると言う事が分かっているからです。
その他にもHbA1Cが高くなる原因の1つに肥満がありますが、毎日の運動をする事で解消されていきますので日々の有酸素運動は一石二鳥の改善方法と言えますね!

 

 

オススメはウォーキングや水中歩行です。1番大切な事は続ける事ですので負荷が高い有酸素運動よりも億劫になりずらい有酸素運動を選ぶのがポイントですね!

 

 

食事療法(HbA1C)

HbA1Cを高くする原因の1つが肥満です。
HbA1Cを下げる食事療法では、肥満解消の為に野菜中心で低カロリーの食生活が望ましいです。

 

 

また、HbA1Cの根源となる毎日の血糖値を下げる事も大切です。
玉ねぎのミネラルやトマトに含まれるリコピン、山芋やオクラなどのネバネバ食品などには血糖値を下げる作用があると報告されています。

 

 

サプリメントの摂取

運動と食事療法以外にもHbA1Cを下げるサポートをしてくれるのが「血糖値を下げるサプリメント」です。
HbA1C(血糖値)を下げる効果があると言われているのが、クロムやシナモン、オメガ3、ハーブ、マグネシウムなどの成分です。

 

 

血糖値を下げる効果が期待出来る成分などを凝縮したサプリメントは「血糖値を下げるサプリ」などとして販売されていますので、運動+食事療法にプラスしてさらに効果を高めたい場合に使用を考えても良いでしょう!

 

 

 

 

 

基準値一覧と健康食品・サプリメント

血液検査の基準値一覧まとめ(トップ) 異常値を改善する健康食品・サプリメントまとめ

スポンサードサーチ
TOPへ