AST(GOT)が血液検査で基準値よりも高いと危険!改善策は!?


AST またはGOTとも呼ばれる血液検査の項目が高い場合にどんな病気の可能性があるのか?またはどのような状態なのか?

 

 

気になる人は多いと思います。特に血液検査でこのAST(GOT)が基準値よりも高めに出てしまっている場合は思わぬ病気が隠れている場合もあります。
また、そのような病気になる手前の状態にあると言うサインにもなります。

 

 

AST(GOT)の基準値・異常値チェック
基準値 30IU/L以下
異常値 30IU/L以上

 

 

AST(GOT)は「アスパラギン酸アミノ基転移酵素」の事で、「アスパラギン酸」と「α-ケトグルタル酸」を「オキサロ酢酸」と「グルタミン酸」に相互変換をする酵素です。
肝細胞や心臓、腎臓などの臓器に存在します。
この酵素には大きく2つあり、血中のミトコンドリア内で作用する「m-AST」と細胞質基質で作用する「s-AST」があります。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

AST(GOT)が異常値の場合に考えられる病気とは!?


AST(GOT)は通常はアミノ酸代謝やエネルギー代謝の過程で重要な役割を果たす酵素ですが、この酵素が異常値にある場合は、肝細胞が破壊され血液の中にあふれ出ている状態の可能性があります。

 

 

AST(GOT)は肝臓だけの酵素ではなくて、様々な臓器にも存在する為、必ず肝臓が悪いとは言えませんが、最も多く存在しているのが肝臓なので可能性は高いと言っていいでしょう。
その判別を行うのに必要なのがもう1つの酵素である「ALT(GPT)」です。
「ALT(GPT)」はアラニンアミノトランスフェラーゼという酵素の事で、肝臓に多く存在しています。

 

判別する為に、この2つは必ずセットで検査する必要があります。

 

 

 

 

AST値がALT値よりも高い場合は血液系の疾患や骨格筋に疾患がある可能性が高まります。心筋梗塞や肝硬変、アルコール肝炎、肝臓がんなどの可能性があります。
AST、ALT両方の項目で高い場合はお互いに酵素が存在する肝臓に疾患がある事が分かります。
また、ALTの値が高くASTが通常の場合は慢性肝炎や脂肪肝などの病気の可能性が高まります。

 

 

AST(GOT)・ALT(GPT)の関連による病気の可能性
AST・ALTともに高い場合 肝臓に疾患がある可能性が高い
AST(GOT)のみ高い場合 血液や骨格筋系に疾患の可能性がある。心筋梗塞、肝臓癌(がん)など
ALT(GPT)のみ高い場合 肝臓の疾患で慢性肝炎や脂肪肝の可能性が高い

 

 

 

AST(GOT)の高い数値を改善する方法


ASTの数値が高い状態にある場合やALTの数値も高く両方高い数値である場合は、病気の可能性があります。
まずは病院で精密な検査をする事が先決です。

 

 

 

 

病気の可能性が無いが、数値のみが高い場合は、肝臓に負荷がかかっている状態であると言えます。
遠からず肝臓関係の病気を患う可能性が高い状態にあります。

 

 

 

 

このような病気がない状態でASTやALTの数値が高い場合は、高カロリーの食事を控えて野菜中心の生活にしたり、肝臓に悪いお酒の頻度を少なくするだけでもこれらの数値は低くなります。
病気になっていなくても、肝臓が悲鳴を上げている状態なので生活習慣の改善は必須と言えます。
また、肝臓機能を改善させるようなサプリメントの摂取は飛躍的に肝機能を向上させてくれます。

 

 

 

健康を維持して長生きする為にも今から食生活を変えていきましょう!
肝臓に良いサプリメントなどは費用がかかるので、最終手段にして、まずはアルコールを控える事や野菜中心の食生活にシフトしてみましょう!
毎日の晩酌が日課になっている場合は一気に辞めなくても週2回とか飲酒日を決めて肝臓を休ませるのも改善させる方法ですね!

 

 

 

AST(GOT)の数値を基準値に戻す方法
@長期的に改善 アルコールを控える事
A長期的に改善 高カロリーの食事を控える事
B長期的に改善 定期的な運動をする事
C短期的に改善 肝機能を良くするサプリメントの摂取

 

 

 

 

基準値一覧と健康食品・サプリメント

血液検査の基準値一覧まとめ(トップ) 異常値を改善する健康食品・サプリメントまとめ

スポンサードサーチ
TOPへ