ヘマトクリット(Ht)値が基準値に当てはまらないと危険!?


ヘマトクリット値(hematocrit)と言われる血液検査の項目があります。表記は「Ht」として表記されます。
このヘマトクリットとは血球の体積の割合を示します。血液にある血球の体積をほとんど占めているのが赤血球なので、おおよそ赤血球の体積比と等しい数値になります。

 

 

 

血液を採取すると遠心分離機器にかけてヘマトクリットの値の割合(%)を出します。
高すぎる異常値も危険ですし、低すぎる異常値も危険信号になります。

 

 

ヘマトクリット(Ht)値の基準値(正常値)
成人男性 40〜48%
成人女性 36〜42%

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

ヘマトクリットと赤血球とヘモグロビンの関係性について


ヘマトクリットの値は赤血球の体積比なので赤血球の数を示す検査と結果が平行します。

 

 

また、ヘモグロビンは赤血球の中にある成分なので、ヘモグロビンも赤血球の数に比例するのが通常なのでこの3つの検査項目はおおよそですが、1つの項目の値が高ければそれぞれも高い値を示して、1つが低い値を示せばそれ以外の2つの項目も低い値を示すのが基本です。

 

 

 

しかし、これらの数値が低い時に考えられる貧血症状が出たとしても、このそれぞれ3つの項目を詳細に調べる事によって様々な貧血のどの種類かを特定出来たり、赤血球の数が通常でもヘモグロビンだけが低い場合事を確認出来れば別の病気を発見するサインにする事も出来ます。

 

 

 

また、出血が多いと輸血を考えますが、このような場合は緊急性がある為、最も手早く検査出来る必要があります。
このような緊急性がある場合にはヘマトクリットの値を出して判断します。

 

 

ヘマトクリット値の異常値の原因


ヘマトクリットの値が低い場合や高い場合には原因があります。
その原因には貧血や脱水などの現在の身体の状態を示す原因の他にも病気が隠れていてその病気がヘマトクリット値を下げている可能性があります。

 

 

ヘマトクリット値が低い場合の原因


ヘマトクリットの値が低い場合に考えられる原因が貧血です。貧血でも悪性貧血や再生不良貧血、鉄分が少ない事による貧血などがあります。
また、低い割合のヘマトクリット値には白血病や癌(がん)の可能性も少なからずありますので、貧血以外の症状がある場合は病院での詳細な検査が先決ですね!

 

 

また、出血が多くてもヘマトクリット値が下がります、生理や出産、外傷による出血が考えられますが、酷い場合には病院に受診しましょう!

 

 

 

ヘマトクリット値が高い場合の原因


ヘマトクリット値が高い場合は、赤血球数も多く、血行が良くない状態と言えます。
このヘマトクリット値(Ht)と赤血球数(RBC)血色素(Hb)などの値から治療が必要な「多血症」の判断もなされる事があります。
多血症の場合は命にも関わる病気なので、血液検査の結果が要再検査や要精密検査などの判断が出たら必ず病院に行きましょう!

 

 

 

また、体内に一時的に水分が少ない状態の「脱水状態」になっている時に血液検査をしてもヘマトクリット値は上昇します。
この場合は水分補給を徹底してください。症状が酷い場合には医者に診てもらう必要もあります。

 

 

 

ヘマトクリットが高い場合や低い場合の基準値へ戻す改善方法

ヘマトクリット値は高い場合でも低くする方法があり、逆に低い場合でも高くする方法があります。

 

スポンサードサーチ

 

 

ヘマトクリット値が低い場合の改善方法


ヘマトクリットの値が低い場合には造血作用が高いビタミンb12や鉄分の摂取が望ましいです。
ヘマトクリット値の低さの原因のほとんどが「貧血」によるものだからです。

 

 

当然ですが、白血病や癌系の場合は病院の治療が先決ですね!
また、貧血と分かっていても骨髄の欠陥から生じる貧血(再生不良貧血)の可能性もありますので、まずは病院にて貧血の種類を知る事が必要です。
「再生不良貧血」の場合は病院の治療が必要です。

 

鉄分とビタミンb12を多く摂取する

造血作用を期待出来る成分の「鉄分」と「ビタミンb12」を生活の中で多く摂取するように意識する事が大切です。
また、鉄分やビタミンb12を食事から摂取するには限界がある場合は専用のサプリメントなどもあるのでサプリメントを毎日摂取する事もヘマトクリット値を高くする方法の1つですね!

 

 

鉄分を凝縮したサプリメント」や「ビタミンb12を凝縮したサプリメント」は通販で購入する事が出来るので気になる方はチェックしてみると良いでしょう!

 

 

 

 

ヘマトクリット値が高い場合の改善方法


病的に高い場合は医者から「多血症」の診断があるはずです。
「多血症」の診断は無いが基準値より高めのヘマトクリット値の場合はヘマトクリット値の数値の比を示している「赤血球」数を減らす事が重要です。

 

 

赤血球の数を減らす事でヘマトクリット値は下げる事が出来ます。

 

水分補給

水分補給で体内の水分を高める事で相対的に赤血球を減らす事が出来るのでヘマトクリットの値を下げる事が出来ます。

 

ストレスの軽減

ストレスが多いと赤血球が多くなる事が知られています。ストレスを軽減する事でも赤血球を減らす事が出来てヘマトクリットの値を下げる事が期待出来ます。

 

 

また、白血病や多血症との診断がある場合は治療が先決と言う事は言うまでもありませんね!

基準値一覧と健康食品・サプリメント

血液検査の基準値一覧まとめ(トップ) 異常値を改善する健康食品・サプリメントまとめ

スポンサードサーチ
TOPへ